0003720-001

サイバー世界に蠢く中国APT集団の影 (8) APT攻撃の犯人は本当に中国なのか

December 1, 2016 08:00

by 江添 佳代子

最終回は「セキュリティイベントの招待状を装ったスピアフィッシング攻撃の実行犯」の正体について改めて考えてみよう。Palo Alto Networksがブログの中でやんわりと示唆したように、これほど多くの証拠が揃っていれば、その攻撃が中国発であったことはほぼ間違いないように思われる。 相手を騙すには簡…

0003674-004

ハッカーの系譜⑨オープンソースの巨人たちOSという考えを創造した「UNIX」誕生

November 30, 2016 08:00

by 牧野武文

デジタルの世界に身を置く者であれば、「オープンソース」という言葉は何度も耳にしたことがあるはずだ。ソフトウェアのソースコードを(原則無償で)公開してしまうことを言う。しかし、多くの人がオープンソースに対して、今ひとつよくわからない、もやもやした印象をもっているのではないだろうか。それは、オープンソー…

0003620-001

オランダ警察がダークウェブのマーケットを乗っ取る

November 28, 2016 09:30

by Zeljka Zorz

世界中の法執行機関がダークウェブのオンラインマーケットのテイクダウンを続けている中で、オランダの国家警察と検察当局は違法な商品の販売者や購入者を思いとどまらせるための新たな方法を試している。 米国、英国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、フランス、オランダ、フィンランド、スウェーデン、アイル…

0003555-001

0003582-001

17歳のハッカーがインド大使館サイトに侵入し重要情報を公開

November 18, 2016 11:30

by 『HACKREAD』

「Kapustkiy」「Kasimierz」の名前で活動している2人のハッカーが、南アフリカ、リビア、マラウイ、マリ、イタリア、スイス、ルーマニアなどの「在外インド大使館」の公式ウェブサイトへのアクセスを成し遂げたとTwitterで発表した。 このセキュリティインシデントは11月7日に起きたもので、…

0003531-001

世界を変える「ペイメントテック」 (2) 先進国で遅れをとる日本の「クレジット取引セキュリティ」

November 16, 2016 10:30

by 牧野武文

日本のクレジットカードが危ない。「日本のカードセキュリティは、先進国やアジア諸国の間で相当な遅れをとる状況になってしまっています」と、fjコンサルティングの瀬田陽介氏は警告する。 「磁気カード」の利用は多い クレジットカード取引には、磁気ストライプ方式のものとIC(EMV)チップ方式のものがある。 …

0003526-001

SecurityAffairsの世界ハッカーインタビュー (20) ISISと戦う7人のハッカー集団「PøwerfulGreəkArmy」

November 15, 2016 10:00

by 『Security Affairs』

本日お届けするのは、ISISのプロパガンダとオンラインで戦うことに注力したハッカー集団「 PøwerfulGreəkArmy(PGA)」とのインタビューだ。 Q:PGAについて、もっと詳しく教えてください。あなたたちの目的は何ですか? A:我々は、熟練した7人のハッカーで構成された新しいハッカーチー…