ロシア下院が「VPNやプロキシを禁じる新しい法案」を採択

July 26, 2017 08:00

by 江添 佳代子

ロシア連邦議会下院は2017年7月21日、市民のインターネット利用を制限するための法案を全会一致で採択した。 これはロシアでのVPNやプロキシなどの利用を非合法化する法になると伝えられている。この採択を受け、モスクワでは2000人以上の市民が「インターネットの自由」や「ロシア当局によるオンライン監視…

中国北京市に大量の偽携帯基地局が存在する理由

July 25, 2017 08:00

by 牧野武文

以前、偽の携帯電話基地局から大量の広告ショートメッセージ(SMS)を発信した事件をお伝えした。その際、偽携帯基地局からのSMSは、発信元の電話番号を自由に偽装できるため、受信者側では本物のSMSなのか、偽物なのかの見分けがつかないという危険性を指摘した。案の定、中国で、偽携帯基地局から発信したSMS…

AlphaBay・Hansa大手闇市場が閉鎖 (1) AlphaBay消滅後のダークマーケットはどうなる?

July 21, 2017 13:30

by 江添 佳代子

ダークウェブの闇市場の最大手として知られていたAlphaBayが7月5日に閉鎖され、その運営者として逮捕されていたアレキサンダー・カーゼスがタイの拘置所で死亡したことは既にTHE ZERO/ONEでお伝えした。カーゼスの自尽が報じられてから日は浅いのだが、セキュリティ業界では早くも「次の闇市場の王者…

賭博のイカサマアプリで大学生が約6億6300万円を荒稼ぎ

July 20, 2017 08:00

by 牧野武文

中国の主要都市では、アリペイ(アリババ)、WeChatペイ(テンセント)のモバイルペイメントが普及し、「無現金社会」がほぼ実現されている。2つのスマートフォン決済手段の普及の大きな原動力になったのが、「紅包」(ホンバオ、ご祝儀)機能だ。この紅包機能を利用したイカサマギャンブルアプリを開発した大学生が…

最大のダークウェブ闇市場「Alphabay」運営者がタイで逮捕され自殺

July 19, 2017 11:00

by 江添 佳代子

ダークウェブの闇市場最大手「Alphabay」を運営した容疑で逮捕されていた男が、拘置所で自らの命を絶ったようだ。『ウォールストリートジャーナル』の報道によれば、死亡が確認されたアレキサンダー・カーゼス(Alexandre Cazes)は26歳のカナダ市民。彼はタイで逮捕されたのち、現地の拘留所に収…

もはやランサムウェアとは呼べない「NotPetya(Petya)」の恐怖 (5) それは「ウクライナを標的としたロシア発の攻撃」なのか?

July 18, 2017 08:00

by 江添 佳代子

洗練された大規模なサイバー攻撃が発生したとき、「誰の仕業なのか」を特定することは難しい。攻撃が高度になればなるほど、出所を隠す技術も高度になるからだ。それでも派手なインシデントが起こるたび、被害を受けた国が「敵対関係にある国」を実行犯として公式に非難するのは、すっかりお馴染みの光景となった。 その点…

もはやランサムウェアとは呼べない「NotPetya(Petya)」の恐怖 (4) その後のNotPetyaとウクライナ

July 14, 2017 08:00

by 江添 佳代子

武装警察によるガサ入れ 第1回、第2回でもお伝えしたとおり、NotPetyaの被害件数が最も多かったウクライナでは、同国政府のサイバーポリスが「会計ソフトウェアベンダーの貧弱なセキュリティが、NotPetyaの大流行に一役買ってしまった」と、かなり早い段階から発表していた。これは「ウクライナで広く利…