「教科書アダルトリンク事件」の犯人が逮捕される

February 13, 2018 08:00

by 牧野武文

中国の中学高校用副教材『中国古代詩歌散文鑑賞』の中に、参考用としてアダルトサイトのURLが掲載されて教育界が大騒ぎになった事件を以前にお伝えした。このアダルトサイトの運営者が逮捕されたことを『騰訊新聞』が報じた。 「あぶれ組」による犯行 中国の人口は約14億人。中国政府は伝統的に教育に力を入れており…

悪いのは誰だ? フィットネストラッキングが「軍の秘密」を暴露する(後編)

February 9, 2018 08:00

by 江添 佳代子

→前編はこちら 人々の「動き」が伝える情報 Global Heatmapによって引き起こされた問題について、英語圏のメディアの多くは「Stravaのマップで世界の軍用基地が発見された」などの見出しをつけて伝えている。しかし、それは誤解を招きやすい表現かもしれない。なぜなら人々が報告した「場所」そのも…

BugBounty.jp

システムに内在するリスクをチェックセキュリティ診断(脆弱性診断)

提供会社:スプラウト

企業や組織のWebアプリケーション、各種サーバー、スマートフォンアプリケーション、IoTデバイスなどの特定の対象について、内外の攻撃の糸口となる脆弱性の有無を技術的に診断します。外部に公開するシステムを安心かつ安全に維持するためには、定期的なセキュリティ診断が欠かせません。

BugBounty.jp

サイバー空間の最新動向を分析脅威リサーチ

提供会社:スプラウト

サイバー攻撃に関連した機密情報や個人情報が漏洩していないかをダークウェブも含めて調査し、もし重要な情報が発見された場合は、その対応策についてもサポートします。また、サイバー攻撃者のコミュニティ動向を分析し、特定の業種や企業を狙った攻撃ツールやターゲットリストが出回っていないかなどの特殊な脅威調査も請け負っています。

悪いのは誰だ? フィットネストラッキングが「軍の秘密」を暴露する(前編)

February 8, 2018 14:08

by 江添 佳代子

フィットネストラッキングの人気サービス「Strava」(ストラバ)が、世界中のユーザーによる活動状況のマップを公開した。そのマップが、米軍の基地をはじめとした複数の国々の「軍事拠点における人々たちの動き」まで示していたことが判明し、国家安全保障を巡るコミュニティに新たな討論が引き起こされている。 自…

スマートフォンの指紋認証をセロハンテープでハッキング

February 5, 2018 08:00

by 牧野武文

スマートフォンで使われている指紋認証。中国江蘇省の匿名エンジニアが、身近な文房具でハックするお手軽な方法を公開して話題になっていると、『中国日報網』が報じた。 指紋認証突破は難しい 指紋認証はいろいろな方法でハッキングできる。ミシガン大学の研究チームは、指紋をスキャンし、これをプリントしたシートで指…

核兵器を超えたフェイクニュースの脅威 ロシアのハイブリッド戦闘能力(後編)

February 2, 2018 08:00

by 一田和樹

ハイブリッド戦としてのウクライナ クリミア侵攻 エストニア、ジョージア、ウクライナを比べると、それぞれで主軸にしている戦闘能力が異なる。たとえばインターネット普及率が高く、インフラなどを含め依存度の高いエストニアにはサイバー攻撃を行い、そうでもないウクライナにはサイバー攻撃に加えて、情報戦、電子戦、…

核兵器を超えたフェイクニュースの脅威 ロシアのハイブリッド戦闘能力(前編)

February 1, 2018 08:00

by 一田和樹

前回の記事「兵器化するSNS ロシアが仕掛けるサイバー世論操作」ではロシアのSNS世論操作の概要を解説した。今回は軍事作戦という視点でクリミア侵攻を事例にして整理してみた。 本稿の執筆に当たっては元NATO報道官で現在は大西洋評議会の研究員とジャーナリストをなさっている Ben Nimmo 氏(肩書…

中国のIoT社会に一石を投じた「360小水滴」騒動

January 30, 2018 08:00

by 牧野武文

2017年末、中国は「水滴ライブ事件」に揺れていた。レストラン、ホテル、スポーツクラブ、果てはトイレ、家庭内の監視カメラ映像が、誰にでも見られるようになっていたという事件だ。プライバシーと利便性を巡って、大きな議論となったと『捜狐科技』が報じた。 手軽に設置できるWebカメラ「360小水滴」 問題と…

トップ・バグハンターはソフトウェア開発者の平均給与の2.7倍稼いでいる

January 26, 2018 08:00

by 『Help Net Security』

バグ報奨金プラットフォームのHackerOneは、100ヵ国に存在するバグバウンティハッカー(バグ報奨金ハンター)約2000人の地理的分布、人口統計、経験や利用ツール、そして動機について調査した報告書「2018 Hacker Report」を発表した。 バグハンターは週に何時間ぐらいをハッキングに費…