Shutterstock.com

中国でライドシェア殺人事件が発生

牧野武文

May 22, 2018 08:00
by 牧野武文

5月6日早朝、中国版ウーバーの「滴滴出行」(ディディチューシン)のライドシェアを利用した女性が、運転手に殺害されるという痛ましい事件が起きた。ほぼすべてのメディアが連日報道する大事件となった。各交通警察は、中国人民公安大学が制作した「ライドシェアを利用する女性のための安全防犯ガイドブック」を配布している。

痛ましい事件

被害にあったのは、21歳の祥鵬航空の客室乗務員、李明珠さん。李さんは、5月5日夕方、鄭州空港で乗務が終わり、祥鵬航空が契約している空港ホテルで休息した後、実家のある済南市で親戚の結婚式に出席するため、夜11時50分過ぎ、滴滴出行のライドシェアを呼び、鄭州駅に向かった。鄭州駅から夜行列車に乗って、済南市にいく予定だった。

この車中で異変が起きた。運転手にただならぬものを感じた李さんは、空港のホテルに宿泊している同僚にWeChatを使って助けを求めた。

その生々しいやりとりが、遺族によって公開されている。「変態に出くわした」「私がとてもきれいだから、どうしてもキスがしたいと言っている」「幸いなことに助手席には座っていない」と李さんはメッセージを送り、同僚は「電話をかけているふりをしなさい」「夫にもうすぐ空港にいくと言うふりをしなさい」(李さんは独身。夫が近くにいるふりをしろとアドバイスしている)。「空港の出発ロビーに行きなさい。私もすぐ行くから」とアドバイスをし、勇気づけた。


乗車中に李さんが同僚と会話したWeChatの履歴。「変態に出くわした」「キスがしたいと言っている」という生々しい会話が記録されている。同僚は夫に電話をするふりをして、空港に戻るようにアドバイスした。しかし、その後電話をしてみると、李さんが「だいじょうぶ」と言うので、安心をしてしまった(画像は http://tech.qq.com/a/20180510/035577.htm より)。

同僚は、かなり深刻な状態だと感じ、李さんに電話をかけた。すると李さんは「だいじょうぶ」と答え、電話が切れた。同僚は、李さんの声を聞いて安心をして、そのまま就寝した。

翌日6日の朝8時、李さんの父が実家で李さんを待っていたが、やってこないので、不思議に思い、電話をしたが、李さんは電話に出なかった。それから何度も電話したが、電話に出ない。翌7日の午後4時になって、いくら何でもおかしいと感じ、警察に相談をしにいった。

5月8日朝8時、鄭州の警官が、丘の上に横たわっている若い女性の遺体を発見した。李さんだった。心臓、肺、背中に刃物による無数の刺し傷があり、首の両側の頚動脈が切られていた。遺体は下半身が裸で、近くにはナイフが捨てられていた。

滴滴出行の謝罪広告

滴滴出行は、この事件を重く受け止め、謝罪広告を出した。また、犯人が捕まっていないことから、犯人の実名と顔写真を公開し、重要情報を提供してくれた人には最高で100万元(約1700万円)の賞金を出すと宣言した(犯人は未だ捕まっていない)。この事件のつらいところは、助けを求められた同僚、帰りを待っていた父親、運転手が犯罪を犯してしまった滴滴出行の三者は、なんら落ち度はないのに、「あの時、もっとこうしておけば」と罪悪感を背負いこんでしまう点だ。


滴滴出行がネットで公開した犯人の情報。実名と顔写真を公開し、有力情報の提供に最高100万元の賞金をつけた(画像は http://tech.qq.com/a/20180510/035577.htm より)。

中国のライドシェアはすっかり生活に定着している。調査会社「極光」の全国調査によると、よく使う交通手段の順位は、バス、ネット予約車(ライドシェア、ネットタクシー)、地下鉄の順になっている(地下鉄は大都市のみなので、全国調査をすると、低めになる)。

特に女性は、ネット予約車を利用する傾向が強い。バスや地下鉄は混雑や痴漢被害の問題があり、多少高くついてもゆったりと移動できるネット予約車を好むのだと思われる。それだけに今回の事件は、全国に衝撃を与えた。

警察が配布するライドシェアガイド

中国人民公安大学では、女性がライドシェアをよく利用することから、「ネット予約車に乗る女性のための安全防犯指南」という小冊子を作成し、無料で配布をしていた。この事件を受けて、公安部や各交通警察の公式ウェイボーなどが、再配布をしている。その内容が役に立つとネットで話題になっている。確かに、日本で配布されるこの手の小冊子よりも、実践的な内容になっている。

この小冊子では、9つの防犯テクニックを紹介している。また、前書きには「すでに女性の間では、ライドシェアが主流の交通手段になっていること」「ライドシェアの運転手はすべて実名登録されていて、行動も記録されるようになっているが、だからこそ余計に乗客が安心して、防犯意識が薄くなっている」ことを指摘している。
 
(1)人が少ない場所に移動するときには、ライドシェアを使わない。照明が多く、人通りが多い道を通るように運転手に要求する。
 
(2)夜間は一人では利用せず、複数人で利用する。
 
(3)乗車するときは、家族や友人などに乗車したことを伝え、車両の情報を添付する。メールでは「ライドシェアで帰ります」と伝え、車両情報を添付する。電話では、車両の種類、ナンバー、乗車下車地点を伝える。これは家族や友人と情報を共有する意味もあるが、運転手に情報が第三者と共有されていることを知らせることで、犯罪の予防効果もある。
 
(4)乗車中は、運転手と無用な言い争いを起こさない。
 
(5)乗るときは後部座席に座り、間違っても助手席には座らない。中国では、タクシーなどでも助手席に座るのが一般的。しかし、この小冊子では、助手席の後ろの後部座席がいちばん安全だとしている。
また、乗車するときには、タイヤロックの跡、ウィンドウに張り紙の跡がないかを確認する。駐車違反を頻繁に繰り返している車は危険性が高い。また、夜間に乗るときは、窓を1/3ほど開けておく。なにかあったら、すぐに叫んで助けを呼べるようにだ。
 
(6)正しい経路を通っているか常に確認をする。スマホに夢中になったり、寝たりしない。経路が違っていると思ったら、すぐに運転手に確かめる。それが事件に巻き込まれることを防止する。
 
(7)知らない人との相乗りは拒否する。中国では相乗りをすることが珍しくないが、運転手と乗客がグルになっている事件が実際に起きている。
 
(8)いざという時のために、車内で武器になるものを探しておく。例えば、シートのヘッドレストが武器になる。簡単に引き抜くことができる。もちろん、クッション部分で殴るのではなく、パイプの方でつつくのだ。
また、鍵も武器になる。拳に握り込んで、先端を拳の外に出し、これで突く。柔らかいところを狙うべきで、眼球や喉を狙うのが効果的。
 
(9)まずい状況だと感じたら、躊躇せずに110番(日本と同じ番号)に通報をする。

日本では、あまり役に立たないアドバイスばかりで、特に8の「武器を探しておく」は下手をすると、かえって相手を怒らせたり、過剰防衛になりかねない。しかし、海外でライドシェアを利用するときのために、頭の片隅に留めておくといいかもしれない。

こう見てくると、実は治安のいい日本こそ、ライドシェアが適している国なのにと思えてくる。


中国人民公安大学が制作した女性のためのライドシェア安全ガイド。今回の痛ましい事件を受けて、公安部や各地交通警察が、ウェイボーなどで再配布をしている。とても役に立つと話題になっている(画像は https://3g.163.com/all/article/DHFI0OUA0001875P.html より)。

ニュースで学ぶ中国語

網約車(wangyueche):ネットで予約する車。ライドシェア(登録ドライバーが運転する一般車)とネット予約できるタクシーの総称。大都市ではほとんどが網約車になってしまい、流しのタクシーを道で拾うことがほとんどできなくなっている。

BugBounty.jp

システムに内在するリスクをチェックセキュリティ診断(脆弱性診断)

提供会社:スプラウト

企業や組織のWebアプリケーション、各種サーバー、スマートフォンアプリケーション、IoTデバイスなどの特定の対象について、内外の攻撃の糸口となる脆弱性の有無を技術的に診断します。外部に公開す るシステムを安心かつ安全に維持するためには、定期的なセキュリティ診断が欠かせません。

BugBounty.jp

サイバー空間の最新動向を分析脅威リサーチ

提供会社:スプラウト

サイバー攻撃に関連した機密情報や個人情報が漏洩していないかをダークウェブも含めて調査し、もし重要な情報が発見された場合は、その対応策についてもサポートします。また、サイバー攻撃者のコミ ュニティ動向を分析し、特定の業種や企業を狙った攻撃ツールやターゲットリストが出回っていないかなどの特殊な脅威調査も請け負っています。

アリペイの盲点を突いた男に懲役5年

May 15, 2018 08:00

by 牧野武文

アリババが運営するQRコードスマホ決済「アリペイ(支付宝)」のシステムは、かなり堅牢だ。 アリババは、どのようなセキュリティ対策をしているかは一切公表していない。ただ、ネットではよく「10段構えの防御システムになっている」と言われる。最も外の防御システムが突破されるとアラートが発せられて、緊急チーム…

刑務所をハッキングして友人の刑期を書き換えた男

May 11, 2018 08:00

by 江添 佳代子

2018年4月26日、刑務所のシステムをハッキングした罪で逮捕されていた米国人男性、Konrads Voits(27歳)に7年3ヵ月の禁固刑が下った。彼がミシガン州ウォッシュトノー郡のコンピューターシステムに侵入しようとした動機は、服役中の友人の刑期を短くするためだった。この「受刑者記録を改ざんすれ…