Shutterstock.com



犯罪者にとっては夢の攻撃手法!?「ATMのネットワーク」を狙ったサイバー攻撃が増加

『Security Affairs』

October 12, 2017 08:00
by 『Security Affairs』

欧州刑事警察機構(ユーロポール)が、ATMマシンに対するサイバー攻撃の増加を警告している。複数の犯罪組織が銀行のネットワーク経由でATMマシンを狙った攻撃を行っており、その作戦には現金を引き出すマネーミュール(不正資金の運び屋・出し子)も参加している。
「利用されるマルウェアは飛躍的に進化しており、その攻撃の規模と範囲は比例する形で増加している」と、ユーロポールEC3のサイバー犯罪センター長のスティーブン・ウィルソンは語った。

これまでATMマシンに対する攻撃は、主に物理的な「スキミングのデバイスを利用した攻撃」、あるいは「USBスティックやCDでマルウェアを送り込むジャックポット攻撃」によるものだった。しかし最近では、「銀行のネットワークを狙った攻撃」がトレンドになっている。

ユーロポールが公開した報告書は、次のように述べている
「犯罪者たちは、ATMを『物理的に攻撃する』だけでなく、それらのマシンに『ネットワーク経由でアクセスすること』も大いに可能であると理解した。どうにかマルウェアをインストールし、いったんネットワークへアクセスすることに成功すれば、サイバー犯罪者はマシンから現金を盗むことができるようになる」

「ネットワークに侵入したサイバー犯罪者たちの最終目的は、物理的なアクセスで攻撃する犯罪者たちと同じだ。すなわち『現金の引き出し』である。しかし彼らは、USBやCDを利用してマルウェアをインストールしないので、もはやATMマシンまで出向く必要がない。彼らには、金を持ち去るため出し子を(ATMのそばに)待機させる」

悪者たちはマルウェア付きのスピアフィッシングメールで、狙った銀行の従業員を騙す。そのマルウェアがいったん実行されれば、攻撃者は標的のネットワークに侵入できるようになる。

銀行のネットワークへの侵入を果たしたハッカーは、ATMの制御を奪い、出し子が(ディスペンサーの前に)待機している状況で「出金」を行うよう指示を出す。

「そこには現金を入手して持ち去る『出し子』が待機している。これまで銀行のネットワークにアクセスしてきた普通のサイバー犯罪グループが、『ATMのネットワークも乗っ取ることができる』と気づいたのかもしれない」と、その報告書は続けて述べている。

ユーロポールは、ATMのネットワークを保護するための新たな対策を採用するよう提唱している。

「以前であれば、銀行は『ネットワークの隔離』を行えばATMのネットワークをサイバー犯罪から充分に保護できると考えたかもしれないが、それはもう当てはまらない。法執行機関は、犯罪者がはっきりとATMを狙い撃ちしているということを充分に理解しなければならない。そして金融機関はセキュリティのレイヤーを増やすことで、ATMのさらなる保護の措置を講ずる必要がある」

ユーロポールは(今回)公開された報告書の他にも、金融機関がATMネットワークのセキュリティを向上できるようにするため、より詳細な情報を伝えるプライベートな報告書を金融機関に提供した。
 
翻訳:編集部
原文:Europol report – Cyber attacks against ATM networks on the rise
※本記事は『SecurityAffairs』の許諾のもと日本向けに翻訳・編集したものです。情報・データはSecurityAffairsが公開した当時のものです。

ニュースのポイント(THE ZERO/ONE編集部より)

犯罪者にとって現金がつまったATMは「宝箱」だ。

ATMを狙った犯罪は多い。重機を使ってATMを破壊したりトラックに積み込み持ち去ったり、中にはダイナマイトでATMを破壊するという力業で現金を盗む者もいる。余談になるが、ブラジルのATMはあまりにも爆破されるため「耐ダイナマイト仕様」になっているという。

ダイナマイトを使ってATMを爆破するブラジルの強盗

しかし、ATM破壊系は目立つため犯罪を行っているのが一目でばれるし、手間も掛かる。それよりエレガントな方法がスキミングだ。ATMにキャッシュカードをの情報や暗証番号を抜き取る装置を設置する。キャッシュカードをスキミングしたら、被害者のカードデータを利用し、金を抜き取る方法だ。爆破と違って、すぐに通報される危険性はないが、偽のデータが入ったカードの作成や出し子の手配といった準備、そしてそもそもターゲットの口座の残高は盗むまで判明しない不安定さがある。

そこで、サイバー犯罪者たちは「ATMそのものをハッキングする」方法を考えた。ATMに侵入して、コマンドを入力すれば、自分の貯金箱のように現金をあるだけ吐き出してくれる。しかし、このやり方では、攻撃できるATMの機種が限られていたり、ATMにUSBメモリを差し込んでプログラムを注入したり、ケーブルにアクセスしたりと物理的な接触が必要であり、犯罪者にとってリスキーな作業は避けられない。

カスペルスキーによるATMハッキングのデモ

そして今回の記事に紹介されたように、犯罪者たちはハードウェアのATMではなく、ATMのネットワークを狙うようになった。これで身元を隠してATMを攻撃できる(出し子は別途容用意しないといけないが)。もちろん銀行側も対策をするだろうが、犯罪者達は負けずに新手の手法を考えてくるだろう。




地図サービスが悪用される!? 住所とピンのズレは裏世界の入り口

October 23, 2017 08:00

by 牧野武文

中国で最も多くの人が使っている百度地図に、不思議なPOI(Point of Interest)、いわゆるピンが大量に登録されている。ピンの位置と、説明に記載されている住所がまったくかけ離れているのだ。法制日報の記者が、この不思議なPOI地点に足を運んで取材をしてみると、そこは上海の裏社会に繋がってい…

こっそり仮想通貨をマイニングする侵入者たち

October 20, 2017 08:00

by Zeljka Zorz

仮想通貨を渇望しながら、購入やマイニングなどにお金を払いたくないハッカーたちは、ユーザーのウォレットやコンピューター、人気のウェブサイト、そしてパブリッククラウドコンピューティングー環境を利用して、仮想通貨を手に入れようとしている。 マイニングのソフトウェア・マルウェアは、すっかり周知となった厄介者…

IoTアダルトグッズからわかる「BLE通信のセキュリティ問題」

October 18, 2017 08:00

by 江添 佳代子

ペネトレーションテストとセキュリティサービスの企業組織体「Pentest Partners」の研究者が先日、IoTのアダルトグッズの脆弱性に関する研究結果をブログで発表した。人々の注目を集めやすいグッズの話題だったためか、それは単純に面白いセキュリティニュースとして一般メディアでも取り上げられている…

自動で犯人を見つけて警察に通報する中国の監視カメラシステム

October 16, 2017 08:00

by 牧野武文

米国のテレビドラマ『24』に登場するCTU(Counter Terrorist Unit=テロ対策ユニット)は、街頭の監視カメラに侵入し、テロリストの姿をいったん補足すると、次々と別のカメラを使って追尾をしていくシーンがある。広東省の深圳を始めとする各都市で、このような監視カメラ追尾システムの試験運…