Shutterstock.com

教育用のマイコンボードを利用してドローンをハッキング

『Security Affairs』

August 2, 2017 08:00
by 『Security Affairs』

毎年ラスベガスで開催されているハッキングカンファレンス「DEF CON」のプレゼンで、Econocom Digital Securityのセキュリティ研究者Damien Cauquilが、ポケットサイズのコンピューター(BBCのMicro:bitなど)を利用して「ワイヤレスキーボードで入力されるキーストロークを探る方法」、さらには「クアッドコプターのドローンの制御を奪う方法」を発表した。

「Micro:bit」は、BBC(英国放送協会)が英国のコンピューター教育用に設計したARMベースのシステムで、16MHzの32ビットのARM Cortex-M0 CPU、16KBのRAMとBluetooth接続を搭載している。専門家は、数行のPythonのコーディングを行うだけで、それを「ワイヤレス信号を盗聴」して使用できるということを明らかにした。

このMicro:bitは、わずか12ポンド(約1700円)ほどの価格で販売されている。Cauquilは、「一般公開されているソフトウェアを(Micro:bitで)用いることにより、ブルートゥースを経由して、ワイヤレスキーボードで入力される信号を探る方法」を発表した。

こういった小さなサイズのデバイスは、デスクの中に隠しておけば、標的がタイピングする機密情報(たとえばパスワードやログインの認証情報)を傍受することができる。

Cauquilが示した利用方法の中で、最も興味をそそられるものの一つが「ドローンのハッキング」だ。Cauquilは、その小さなマイクロコンピューターをドローンのコントローラーに取り付けて飛行の制御を奪った。

BBC Micro:bitの「ドローンハッキングツール」/画像ソース:The Register

「Micro:Bitのファームウェアをハッキングし、それを『ワイヤレスキーボードのキーストロークを傍受できる、あるいは飛行中のクワッドコンピューターを乗っ取って完全に制御を奪うことができる、パワフルな攻撃ツール』にするためには2~3ヵ月を費やした」と、そのプレゼンの説明書きに記されている。「そして我々は、セキュリティ研究者たちが2.4GHzプロトコルとのやりとりを行えるようになる数多くのツール(たとえば「Bastilleが設計したマウスジャックツール」にインスパイアされた、改良版のスニファーなど)を開発した。我々は、このカンファレンスが開催されている間に、我々のファームウェアやツールを公開する予定だ」

Cauquilは、「潜在的な問題によってMicro:bitとドローンの接続が途絶えることがある」と説明しているが、それでも彼は「ポータブルなRFハッキングツールの作成において、Micro:bitは素晴らしいプラットフォームになるだろう」と確信している。
 
翻訳:編集部
原文:DEF CON 25 – BBC Micro:bit could be used to hijack a drone
※本記事は『SecurityAffairs』の許諾のもと日本向けに翻訳・編集したものです。情報・データはSecurityAffairsが公開した当時のものです。

BugBounty.jp

必要な情報を収集・分析脅威リサーチ

サイバー攻撃に関連した機密情報や個人情報が漏洩していないかをダークウェブも含めて調査し、もし重要な情報が発見された場合は、その対応策についてもサポートします。また、サイバー攻撃者のコミ ュニティ動向を分析し、特定の業種や企業を狙った攻撃ツールやターゲットリストが出回っていないかなどの特殊な脅威調査も請け負っています。

公衆無線LANを悪用した暗号通貨マイニング術

January 19, 2018 08:00

by Zeljka Zorz

何も疑っていないユーザーのマシンを使って密かに暗号通貨のマイニングをさせることは、暗号通貨オーナーにとっての夢のような話だ。そして彼らの一部は、倫理的配慮を考えずにその夢の実現に取り組んでいる。 一般的に用いられる2つのアプローチは、コンピューターやウェブサイトを危殆化し、マイニングのソフトウェアを…

ベトナム政府が背後にいる!? ハッカー集団「APT32」の暗躍

January 15, 2018 08:10

by 牧野武文

アジア圏で暗躍するハッカー集団がいる。「APT32」あるいは「オーシャンロータス」(Ocean Lotus Group)と呼ばれる組織だ。どちらの名前も、観測をした研究者が命名したものであり、正式名称は不明だ。米セキュリティ企業ボレシティ(Volexity)は、ブログでこのオーシャンロータスが、ベト…

国内の言論統制が目的か? ベトナム人民軍のサイバー部隊「Force 47」(後編)

January 12, 2018 08:00

by 江添 佳代子

近年のベトナムとFacebook 前編でお伝えしたとおり、オンラインでの自由な発言を国民に許可していないベトナムは、中国やトルコなどの国とたびたび比較されてきた。しかし、これらの国々の中では比較的「ブロックが手ぬるいほう」だったと言えるかもしれない。 たとえばベトナムは2009年頃からFaceboo…