shutterstock.com



ハッカーの系譜(11)スタートアップ養成する「Yコンビネーター」 (9) Dropboxが世に出るまでの道のり

牧野武文

June 13, 2017 08:00
by 牧野武文

年齢なんてどうでもいい

ドリュー・ヒューストンは典型的なハッカーだった。6歳のときに父親からPC Jrをもらって、BASICのプログラミングを教わった。8歳になると自らPascalを学び始め、12歳のときにはすでにCを使ってプログラミングをしていた。

14歳のときに、面白そうなオンラインゲームを見つけて遊び始めたが、なぜか開発が遅れているようで、アップグレードがなかなかされない。初期バージョンはほとんど遊びつくしてしまったヒューストンは、暇をもてあまして、そのゲームのファイルの内部をハックし始めた。なにかをしようという意図はなく、ただ好奇心からどのような仕組みになっているのかを知りたかっただけだった。

すると、ネットワーク周りにセキュリティ上の脆弱性があることを発見した。ヒューストンは、親切にもゲームの開発エンジニアにメールを書いて、その詳細を知らせた。

すると、返事は意外なものだった。情報提供に感謝した後、実はエンジニアが退職して仕事が追いつかない、手伝ってくれないかというのだ。ヒューストンが「僕はまだ14歳だけどかまいませんか?」と尋ねると、返事は「そんなことはどうでもいいよ!」というものだった。それから、ヒューストンはプロのプログラマーとして小遣い稼ぎをするようになる。

使い勝手が悪いサービス

ヒューストンはマサチューセッツ工科大学に進学し、コンピューター科学を専攻したが、3年生のときに小さなスタートアップを始めた。それはSAT(米国の大学進学適性試験)の採点サイトだった。SATを受験する高校生たちは、SATの過去問を解いてみて勉強するが、採点に手間がかかる。そこで、過去問をウェブに表示し、そこに答えを入力していくと、自動的に採点してくれるというサービスだった。大きな成功はしなかったが、ヒューストン一人であれば生活していけるだけの収益をあげてくれた。

MITを卒業し、次のスタートアップのアイディアを探していたヒューストンは、バス停でバスを待っているときに、人生を決定づける経験をする。バスを待ちながらPCを開いて、USBメモリーに入っているファイルを開こうとしたのだが、そのUSBメモリーを家に忘れてきてしまったのだ。

すでにクラウドサービスは、アマゾンなどが始めていたので、必要なファイルはクラウドに置き、必要なときにどのデバイスからでもダウンロードできるサービスがあればいいと思いついた。

ただ、このとき、ヒューストンと同じことを考えている人はたくさんいて、それどころか、クラウドにファイルを預かるロッカーサービスをビジネスとして始めている企業も多かった。ヒューストンは、そのようなサービスのことを知らないわけではなかったが、使い勝手が悪くとても自分で使う気にはならなかった。そこで、そのままバス停で、自分が使いたくなるクラウドサービスのコードを書き始めてしまった。

友人がYコンビネーターに参加し、成功する

その頃、ヒューストンの友人が、Yコンビネーターに参加し、Xobniというスタートアップを立ち上げ、成功を収めつつあった。当時、マイクロソフトのメールクライアントOutlookは、Gmailの登場などで急速に過去のものになりつつあった。しかし、ビジネスユーザーの間ではまだ多くの人がOutlookを使っていて、電子メールの整理に貴重な仕事時間の多くを割いていた。

XobniはOutlookのプラグインで、メールや連絡先などの検索機能を提供するものだった。連絡先を検索すれば、その人と交わした電子メールが時系列で表示される。添付ファイルも検索できるので、Gmailと同じように「メールは整理せずに、検索して使う」という使い方ができるようになった。

ヒューストンは、このXobniの成功を見て、自分もYコンビネーターに参加して、このクラウドサービスでスタートアップを起業したいと考えた。これが後の「Dropbox」だ。

優等生ではなく劣等生

Yコンビネーター卒業組の中で、Dropboxは最も成功したスタートアップだろう。現在ユーザー数は5億人を超え、企業価値は1兆円を超えるという。しかし、DropboxはYコンビネーターの中では優等生ではなく、劣等生だった。

グレアムが最終面接で問題にしたのは、ヒューストン1人のチームだったことだ。グレアムは、創業者1人のスタートアップはうまくいかないと考えていた。仕事量にも限界があるし、なにより困難に直面したときに1人は弱い。2人、3人なら互いに励ましあって乗り切れるかもしれないが、1人は超えられない。そして、なによりスタートアップ初期は、最初のアイディアからどんどん「ピボット」して、アイディアを洗練、発展させていく必要がある。そのときに、複数の頭がないと、どうしても視野が狭くなり、質の悪いアイディアに固執しがちなのだ。

グレアムは1人での起業がダメな理由を、実にわかりやすく説明している。「創業者が1人ということは、友人の誰もがこのアイディアはイケる!とは思わなかったということだ。彼をよく知る友人ですらそういう評価をしているのに、どうして僕が投資ができるだろうか」。

グレアムは、ヒューストンを合格させるかどうかずいぶんと迷った。創業者1人というのは大問題だ。しかも、彼の「クラウドにファイルを預かる」というアイディアももう手垢がつき始めているほど、古い感覚のものになろうとしていた。しかし、グレアムはヒューストンという人物が気に入った。ハッカーであることは間違いなかったから、優れた共同創業者と出会えば、古臭いアイディアでも「ピボット」して、成功するかもしれない。ヒューストンも早急に共同創業パートナーを見つけると約束したことから、グレアムはヒューストンを合格させることにした。
 
(その10に続く)




地図サービスが悪用される!? 住所とピンのズレは裏世界の入り口

October 23, 2017 08:00

by 牧野武文

中国で最も多くの人が使っている百度地図に、不思議なPOI(Point of Interest)、いわゆるピンが大量に登録されている。ピンの位置と、説明に記載されている住所がまったくかけ離れているのだ。法制日報の記者が、この不思議なPOI地点に足を運んで取材をしてみると、そこは上海の裏社会に繋がってい…

こっそり仮想通貨をマイニングする侵入者たち

October 20, 2017 08:00

by Zeljka Zorz

仮想通貨を渇望しながら、購入やマイニングなどにお金を払いたくないハッカーたちは、ユーザーのウォレットやコンピューター、人気のウェブサイト、そしてパブリッククラウドコンピューティングー環境を利用して、仮想通貨を手に入れようとしている。 マイニングのソフトウェア・マルウェアは、すっかり周知となった厄介者…

IoTアダルトグッズからわかる「BLE通信のセキュリティ問題」

October 18, 2017 08:00

by 江添 佳代子

ペネトレーションテストとセキュリティサービスの企業組織体「Pentest Partners」の研究者が先日、IoTのアダルトグッズの脆弱性に関する研究結果をブログで発表した。人々の注目を集めやすいグッズの話題だったためか、それは単純に面白いセキュリティニュースとして一般メディアでも取り上げられている…

自動で犯人を見つけて警察に通報する中国の監視カメラシステム

October 16, 2017 08:00

by 牧野武文

米国のテレビドラマ『24』に登場するCTU(Counter Terrorist Unit=テロ対策ユニット)は、街頭の監視カメラに侵入し、テロリストの姿をいったん補足すると、次々と別のカメラを使って追尾をしていくシーンがある。広東省の深圳を始めとする各都市で、このような監視カメラ追尾システムの試験運…