必読! ダークウェブを理解するためのTHE ZERO/ONE記事15選

『THE ZERO/ONE』編集部

February 17, 2017 08:00
by 『THE ZERO/ONE』編集部

THE ZERO/ONEでは数々のダークウェブ情報を取り上げてきました。
エントリーの数がたくさんあるので、未見の人はどこから読んでよいのか悩んでしまいます。そこで、ここでは過去にTHE ZERO/ONEで掲載したダークウェブに関するお勧めの記事を紹介します。

殺人依頼と個人情報のお値段

「表」では売られない商品やサービスが、ダークウェブ上で販売されています。以下の記事では「殺人依頼」と「個人情報」の値段に関して言及しています。


・ダークウェブの暗殺者、「サービスカタログ」と「価格表」を更新


・「ダークウェブ」で売買される個人情報の値段

ダークウェブ上で販売されている商品は、きちんと送られてくるのでしょうか? 上記で紹介した「殺人請負サービス」もダークウェブ上に多数宣伝ページがありますが、どれも本当にサービスを遂行してくれるか、非常に疑問です。
ドイツのジャーナリストが、調査のためダークウェブ上のサイトから銃器をオーダーしますが、手に入れることはできませんでした。


・ジャーナリストが釣られた「ダークウェブ」詐欺

ダークウェブに挑む警察当局

身元を隠すことが出来るダークウェブは、警察にとってやっかいな場所です。サイバー犯罪者がいくら悪さをしても、その身元をなかなか特定できないからです。しかし、警察も黙って見ているわけではありません。ダークウェブそのものを占拠したり、潜入捜査を行って犯人を逮捕しています。


・オランダ警察がダークウェブのマーケットを乗っ取る


・盗んだ銀行口座をダークウェブで売っていた男 FBIが潜入捜査で告発


・「ダークマーケットサイト」大量摘発の疑問 Torの匿名性は破られたのか?

FBIと大手闇市場の戦い「Silk Road事件」

史上最悪と言われたダークウェブの闇市場「Silk Road」。アメリカの警察機関はこの巨大な闇市場の管理人逮捕に乗り出しますが、捕まえるどころか、その情報すらなかなか手に入れることができませんでした。
しかし、警察当局は執念で逮捕。Silk Roadがいったいどのようなサイトであったか、逮捕から裁判に至るまでの流れを全6回にわたってレポートしています。


・第1回 「麻薬版eBay」の解明は進むか?


・第2回 8千万ドルを荒稼ぎした(?)ウルブリヒト容疑者の素顔


・第3回 取り沙汰される「Mt.Gox」との関係


・第4回 ウルブリヒト被告に有罪判決が下る


・第5回 捜査関係者のスキャンダルが発覚


・第6回 創設者ウルブリヒトに終身刑が言い渡される

ダークウェブの匿名性は大丈夫?

現段階では、ダークウェブの匿名性は破られていません。しかし、いくら隠匿性が高いサービスだからといっても、ユーザーが知らないうちに、特定される情報を公開している可能性があります。


・ダークウェブにアップされた写真のExifデータから犯罪者を追跡


・ダークウェブをスパイする「Tor HSDir」が100以上見つかる


・ダークウェブから「ゼロデイ」を自動収集するシステムが登場

以上、THE ZERO/ONE編集部がセレクトするダークウェブ関連の記事でした。

BugBounty.jp

システムに内在するリスクをチェックセキュリティ診断(脆弱性診断)

提供会社:スプラウト

企業や組織のWebアプリケーション、各種サーバー、スマートフォンアプリケーション、IoTデバイスなどの特定の対象について、内外の攻撃の糸口となる脆弱性の有無を技術的に診断します。外部に公開す るシステムを安心かつ安全に維持するためには、定期的なセキュリティ診断が欠かせません。

BugBounty.jp

サイバー空間の最新動向を分析脅威リサーチ

提供会社:スプラウト

サイバー攻撃に関連した機密情報や個人情報が漏洩していないかをダークウェブも含めて調査し、もし重要な情報が発見された場合は、その対応策についてもサポートします。また、サイバー攻撃者のコミ ュニティ動向を分析し、特定の業種や企業を狙った攻撃ツールやターゲットリストが出回っていないかなどの特殊な脅威調査も請け負っています。

続・日本人マルウェア開発の実態を追うハッカーとセキュリティ技術者は「文明」と「文化」ぐらい異なる

December 31, 2018 18:41

by 『THE ZERO/ONE』編集部

前回の「日本人マルウェア開発者インタビュー」では、マルウェアの開発者が「生身の人間」であることを知った。 一般社会のステレオタイプは、マルウェア開発者が「反社会的である」「孤独である」という印象を植え付けてきた。しかし前回の取材を通して、実際の彼ら(彼女ら)を見てみると社会に順応し、きわめて組織的で…

中国でライドシェア殺人事件が発生

May 22, 2018 08:00

by 牧野武文

5月6日早朝、中国版ウーバーの「滴滴出行」(ディディチューシン)のライドシェアを利用した女性が、運転手に殺害されるという痛ましい事件が起きた。ほぼすべてのメディアが連日報道する大事件となった。各交通警察は、中国人民公安大学が制作した「ライドシェアを利用する女性のための安全防犯ガイドブック」を配布して…