高級ホテルの電子カードキーシステムがランサムウェアに襲われる

『Security Affairs』

February 16, 2017 08:00
by 『Security Affairs』

ランサムウェアが関係する特異なインシデントが発生した。被害者はオーストリアの4つ星高級ホテル「Romantik Seehotel Jägerwirt」の百数十人もの宿泊客だ。宿泊客らは、部屋の入退室ができなくなった。マルウェアはホテルおよび管理部門のシステムに感染し、通常の業務を回復させるために身代金を支払わざるを得なかった。

4つ星高級ホテルRomantik Seehotel Jägerwirtの運営者は、ランサムウェアに感染した電子キーカードシステムを回復させるために1500ユーロ(約18万円)をビットコインで支払ったことを認めた。このホテルではホテルのドアのカードキーを管理するために、電子キーカードシステムを使用していた。

このホテルがサイバー攻撃を受けたのは今回が初めてではない。このホテルの経営側は、同社のシステムが複数回攻撃されてきたことを認めているが、今回は犯罪者らが内部のキーマネージメントシステムに侵入した。

通信社によると、サイバー犯罪者はコンピューターシステム全体を乗っ取り、このホテルの予約システムやレジシステムを含むほぼ全ての機能を麻痺させた。

「ヨーロッパ最高級のホテルの一つが、数千ユーロの身代金をビットコインでサイバー犯罪者に支払わざるを得なかったと認めた。このサイバー犯罪者は電子キーシステムのハックに成功し、お金が支払われるまで宿泊客数百人の入退室ができないようにした。」とThe LocalのWebサイトで報じられている

私は身代金の支払いを避けるよういつも提言している。なぜなら、ファイルの暗号化が解除される保証はないからだ。幸いなことに、今回のケースではホテルの経営者が身代金を支払った後にシステムは完璧に回復した。
しかし、サイバー犯罪者を信じてはいけない。

身代金を支払った後でさえも、ハッカーは後でさらなる攻撃を実施するためにホテルのシステムにバックドアを残していた。

ホテルのITスタッフがこのバックドアを検知し、不活性化している。またホテル側は、さらなる攻撃を防ぐために追加のセキュリティ対策を採用した。

ホテルのマネージャーらは、サイバー攻撃の危険性をホテルに警告するために、このニュースを公開することを決意した。

「合計180人のゲストが宿泊しており、我々には他の選択肢がなかった。このようなケースでは、警察も保険会社も助けてくれないのだ」とマネージングディレクターChristoph Brandstaetter氏は説明した。

「夏の最初の攻撃後、我々のシステムの回復には数千ユーロかかった。我々は今のところ保険会社からのお金を受け取っていない。なぜなら、責任を負う人を見つけることができなかったからだ」
「脅迫者に支払うことは我々に損害を与えることになる。他の同業者も同じような攻撃を受けていることを我々は把握している」
 
翻訳:編集部
原文:Ransomware infected systems at a luxury hotel locking guests in and out of the rooms
※本記事は『SecurityAffairs』の許諾のもと日本向けに翻訳・編集したものです。




ハッカーの系譜(11)スタートアップ養成する「Yコンビネーター」 (6) 株式と転換社債を使った「賢い」資金援助

May 23, 2017 08:00

by 牧野武文

養成機関運営の問題点 グレアムは、ビアウェブのときの仲間であるモリスとブラックウェルに声をかけてみた。2人はスタートアップ養成機関というアイディアは実に面白く、成功するだろうと太鼓判を押してくれた。ただ、モリスはすでにマサチューセッツ工科大学の教職の地位を得ており、ブラックウェルも自分のスタートアッ…