「ウエスタンユニオン」が送金詐欺に関連し約670億円を当局に支払う

『Security Affairs』

February 10, 2017 08:30
by 『Security Affairs』

資金送金の大手企業ウエスタンユニオンが電信詐欺の助長を認め、米国連邦取引委員会(FTC)と司法省へ詐欺行為の責任の示談のために5億8600万ドルを支払うことに合意した。

ウエスタンユニオンが適正な詐欺対策プログラムを実施することを怠っていたため、悪者や詐欺師が同社の提供するサービスを頻繁に悪用していた。

米国連邦取引委員会(FTC)と司法省は、違法行為で得た金の送金のためウエスタンユニオンのサービスを利用したサイバー犯罪者に対する迅速な措置を怠ったとして同社を告訴した

2001年以降、詐欺計画に加担したとして米国当局はウエスタンユニオンのオーナーと従業員29名に有罪判決を下してきた。

「このケースが示すように、電信送金は犯罪者や詐欺師のポケットに直接送金する最も早い方法になるかもしれない」と司法次官代理のDavid Bitkower氏は語った。「ウエスタンユニオンは現在、顧客よりも利益を優先した代償を払っているのだ。犯罪課は我々の仲間と共に、詐欺を助長し、弱い立場の集団を悪用した人物の責任を問うつもりだ。また損失を埋め合わせ、被害者に補償するよう取り組むつもりでもある」
「我々の捜査では、銀行秘密法(BSA)の報告義務を回避するための『仕組み取引』で中国に送金された何億ドルもの資金が見つかった。そして資金の大半は、不法移民が密入国業者に支払うために中国へと送ったものだった」と連邦検事Eileen M. Decker氏は話した。
「私の局が起訴したケースでは、あるウエスタンユニオンの代理店は仕組み取引の嫌疑に対する有罪を認めている。この取り引きは違法であり、ウエスタンユニオンは少なくとも5年にわたってこの活動を知っていた。ウエスタンユニオンの資料によれば、この代理店の活動規模が大きいため、同社の職員は、ニューヨーク市の他の複数の大規模な代理店と同様に、この代理店が同社の役に立ち続けるよう努力していた。今回の法的措置によって、ウエスタンユニオンが代理店を効果的に監督し、違法な目的での同社の送金システムの使用を防止することが保証されるだろう」

ウエスタンユニオンは、銀行秘密法やFTC法を含む複数の法律に違反したとして起訴されている。

ウエスタンユニオンは2004年1月1日から2015年8月29日の間に、不正送金に関する55万928件の苦情を受けていたとFTCは述べている。

不正送金はオンラインデートや宝くじ、振り込め詐欺、その他違法行為に関与している。取引は合計で6億3200万ドルになるが、これは氷山の一角にすぎないと検察官は考えている。被害者の多くが苦情を出しておらず、不正報告のメカニズムはどこでも利用できるというわけではないのだ。

訴状には「ウエスタンユニオンは、詐欺に起因する送金について受けた苦情のデータベースを保持している。そのデータベース内の情報に基づくと、2004年1月1日から2015年8月29日の間にウエスタンユニオンは詐欺に起因する送金に関する苦情を55万928件以上受けており、合計で6億3272万1044ドル以上になる。データベースの苦情の80%以上が米国の消費者からのものだった」とある。

ウエスタンユニオンは5億8600万ドルの罰金に合意し、この金は詐欺の被害者の補償に使われる予定だ。

「コロラド州エングルウッドに本社を置くグローバルな送金サービス企業ウエスタンユニオン カンパニー(ウエスタンユニオン)は5億8600万ドルの罰金に合意し、連邦取引委員会、司法省、そして連邦地検ペンシルバニア中部地区、カリフォルニア中央地区、ペンシルバニア東部地区、フロリダ南部地区支部と取り決めを行った。ウエスタンユニオンは司法省との合意の中で、効果的な反マネーロンダリングプログラムの管理の故意的な怠慢や電信詐欺の幇助・教唆を含めた犯罪行為を認めている」と合意書に記されている

FTCは包括的な詐欺対策プログラムを実施・管理するようウエスタンユニオンに命じている。この命令では、同社が詐欺に起因すると把握している、あるいは詐欺に起因すると考えるべき十分な理由がある送金を禁止しており、また以下を要求している。

  • 詐欺報告の対象となっている人物への資金送金のブロック
  • 紙や電子の送金申込書上での消費者への明快で明確な詐欺警告の提供
  • 顧客が詐欺の苦情を申し出ることができるウェブサイトや電話番号の増設
  • 同社が取引に関連する詐欺対策措置に従うことを怠った場合の詐欺的行為に起因する送金の払い戻し

FTCのターゲットとなった送金企業はウエスタンユニオンだけでなく、2009年にMoneyGramが罰金 1800万ドルの支払いに合意していた。
 
翻訳:編集部
原文:Western Union agreed to pay $586 Million to settle fraud charges
※本記事は『SecurityAffairs』の許諾のもと日本向けに翻訳・編集したものです。

BugBounty.jp

必要な情報を収集・分析脅威リサーチ

サイバー攻撃に関連した機密情報や個人情報が漏洩していないかをダークウェブも含めて調査し、もし重要な情報が発見された場合は、その対応策についてもサポートします。また、サイバー攻撃者のコミ ュニティ動向を分析し、特定の業種や企業を狙った攻撃ツールやターゲットリストが出回っていないかなどの特殊な脅威調査も請け負っています。

公衆無線LANを悪用した暗号通貨マイニング術

January 19, 2018 08:00

by Zeljka Zorz

何も疑っていないユーザーのマシンを使って密かに暗号通貨のマイニングをさせることは、暗号通貨オーナーにとっての夢のような話だ。そして彼らの一部は、倫理的配慮を考えずにその夢の実現に取り組んでいる。 一般的に用いられる2つのアプローチは、コンピューターやウェブサイトを危殆化し、マイニングのソフトウェアを…

ベトナム政府が背後にいる!? ハッカー集団「APT32」の暗躍

January 15, 2018 08:10

by 牧野武文

アジア圏で暗躍するハッカー集団がいる。「APT32」あるいは「オーシャンロータス」(Ocean Lotus Group)と呼ばれる組織だ。どちらの名前も、観測をした研究者が命名したものであり、正式名称は不明だ。米セキュリティ企業ボレシティ(Volexity)は、ブログでこのオーシャンロータスが、ベト…

国内の言論統制が目的か? ベトナム人民軍のサイバー部隊「Force 47」(後編)

January 12, 2018 08:00

by 江添 佳代子

近年のベトナムとFacebook 前編でお伝えしたとおり、オンラインでの自由な発言を国民に許可していないベトナムは、中国やトルコなどの国とたびたび比較されてきた。しかし、これらの国々の中では比較的「ブロックが手ぬるいほう」だったと言えるかもしれない。 たとえばベトナムは2009年頃からFaceboo…

国内の言論統制が目的か? ベトナム人民軍のサイバー部隊「Force 47」(前編)

January 11, 2018 08:00

by 江添 佳代子

ベトナム人民軍は2017年12月25日、1万人規模の新たな軍事サイバーユニット「Force 47」(47部隊)の存在を公にした。このForce47は、インターネット上の「誤った見解」と戦うための部隊で、すでに一部で活動を開始したと伝えられている。 共産党による一党独裁の社会主義国ベトナムでは、インタ…