ハッカーの系譜⑨オープンソースの巨人たち (8) 時給6.85ドルのアルバイトが作ったブラウザーが世界を変える

牧野武文

January 5, 2017 08:00
by 牧野武文

コマンドを駆使しないと見られない

1992年、イリノイ大学のコンピュータ科学専攻の学生、マーク・アンドリーセンが、学費を支払うためにNCSA(全米スーパーコンピューター応用研究所)で時給6ドル85セントで働き始めたときから、インターネットに革命が起ころうとしていた。アンドリーセンが回された仕事は、憧れのスーパーコンピューターやワークステーション用のソフトウェア開発ではなく、なんと子どものおもちゃ同然のパソコン用のソフトウェア開発の仕事だった。

当時、インターネットの回線は大学や公的機関を中心に広がりつつあったが、アクセスできる端末=ミニコンピューターが圧倒的に不足していた。しかも、高価なミニコンを簡単に設置するわけにはいかない。そこで、安価なパソコンを使ってインターネットにアクセスする方法が模索され、NCSAではパソコン用のインターネット接続用ソフトウェアの開発が始まっていた。

アンドリーセンは、NCSAでインターネットに夢中になり、TELNETでさまざまな情報を探索し、FTPでお気に入りの画像を集めていたが、たったそれだけのことでも、無数のUNIXコマンドを駆使しなければならないことに気がついた。UNIXに慣れているエンジニアはそれでいいかもしれないが、どう考えても一般の人向きではない。NCSAが開発するPC用インターネット接続ソフトウェアが普及をすれば、ごくごく普通のビジネスマンやコンピューターが苦手な人まで、インターネットを使う世の中がやってくるだろう。そのときに、UNIXコマンドを使うのはどう考えても違うだろうとアンドリーセンは感じた。もっと、わかりやすく使いやすいインターネットツールが必要だ。アンドリーセンは、自分の一生をかける仕事と出会おうとしていた。

マーク・アンドリーセン(2008年撮影) Photo By Wikipedia

ネットコミュニティーと協調したモザイク

アンドリーセンが注目したのが「ウェブ」だった。ウェブはHTMLという書式に従って指定をすれば、文字情報と図を混在させて表示ができる仕組みだ。当時、Webは今日の電子書籍用のePubに近いイメージで、論文をインターネット上で閲覧することを目的として開発された。このウェブを閲覧するためのツールもいくつか開発され始めていたが、それもUNIXコマンドを駆使しなければいけないものばかりだった。「写真や文章を見るのに、なんでこんなたくさんのUNIXコマンドを使わなければならないのだ?」。そう考えたアンドリーセンは、マウスだけで操作できるウェブ閲覧ソフトウェアを開発した。これが1993年1月に公開された「Xモザイク」だ。ブラウザーと呼ばれるジャンルのソフトウェアが誕生した。

モザイクは、ベータ版0.5としてNCSAのサーバーで公開され、だれもが自由に(インターネットにアクセスさえできれば)ダウンロードして使うことができた。しかも、ソースコードも同時に公開されていた。

これはUNIXコミュニティーの伝統にそったやり方だった。使ってみてバグを発見した者は、ソースコードを確認し、どこに問題があるかをNCSAに電子メールで伝える。アンドリーセンたちは、それを整理して、モザイクを完成させていく。NCSAでは、このやり方は「ラピッド・プロトタイピング」と呼ばれていて、開発時間と開発コストを大幅に削減する手法としてよく使われていた。UNIX版モザイクの公開が順調に進んだため、アンドリーセンはすぐにWindows版、Macintosh版のモザイクを開発することにした。

このモザイクはブラウザーとして大成功をした。モザイクチームを率いるアンドリーセンの元には、モザイクユーザーからの電子メールが1日600通も届くようになった。アンドリーセンは、そのすべてに目を通し、可能な限り返事を書いた。このような電子メールの中に、モザイクの開発のヒントが眠っていることに気がついたからだ。
「電子メールで要望を送れば、モザイクチームはすぐに対応してくれる」。
次第に、モザイクチームはネットコミュニティーで「クールな集団」とみなされるようになっていった。同時に、モザイクチームは、自分たちのモザイクが世の中に与えている影響と、自分たちの報酬が見合っていないことにも気がついた。毎週120時間も働きながら、時給8ドル85セントのままだったのだ。

しかし、NCSAの管理職たちは、モザイクチームがネットでヒーロー扱いされることをよく思わなかったようだ。確かに、モザイクの開発費は公的な研究費から支出されているので、チームにじ充分な報酬は出せなかったし、ただ開発するだけでなく、モザイクを軸にしたさまざまな社会的研究も並行し行わなければならなかった。NCSAの管理職から見れば、モザイクチームはデジタルヒーローではなく、実験器具を製造するテクニシャンにすぎなかったのだ。

管理職たちは、モザイクユーザーからの電子メールをアンドリーセンが直接読むことを禁止する措置にでた。モザイクチームに寄せられるメールの数が急増したため、アンドリーセンが本来の仕事ができなくなっている。別の担当者を用意して、メールの内容を報告書にしてモザイクチームに渡した方が仕事が捗るという理由だった。しかし、アンドリーセンにしてみれば、メールはアイディアの源泉だった。それこそが「本来の仕事」だったのだ。アンドリーセンは、自分の理想通りに仕事ができる環境を探し求め始めた。

Windows版「モザイク1.0」

NCSAに失望し、西海岸シリコンバレーへ

1993年、アンドリーセンは大学の卒業の時期を迎えた。アンドリーセンは、そのままNCSAに就職できないかと上司に相談した。そして、モザイクチームの開発責任者にして欲しいと交渉したのだ。NCSAは、快諾し年俸5万ドルという破格の条件を提示してきた。ただし、条件がひとつあった。それは、モザイク以外の仕事をすることだった。

なぜNCSAがこのような条件を提示してきたのかははっきりしない。しかし、モザイクチームがこれ以上目立つことに問題を感じていたのだろう。アンドリーセンにしてみれば、モザイクの開発を続けられないのであれば、NCSAに就職する意味などまったくなかった。アンドリーセンは、息が詰まりそうな中西部を捨てて、新天地にいくことにした。明るい太陽のもとで、誰もが自分の発想を形にしている地域。西海岸へ、シリコバレーへ行くことにした。

そのとき、アンドリーセンの下に、一通の電子メールが舞いこんだ。
「おそらく私のことをご存じないと思いますが、私はシリコングラフィックスの創設者です。私は同社を辞職して、新しい事業をおこそうと考えています。もし、よろしければ、どこかで会ってお話をしませんか?」
シリコングラフィックスの創設者、ジム・クラークだった。スタンフォード大学でコンピューターグラフィックスの研究を行っていたが、シリコングラフィックス社を学生たちと起業、グラフィックスワークステーションを開発して、NASDAQ上場を果たした成功者だ。彼は、次の事業を模索している最中に、モザイクに触れてみて、次世代のビジュアルコミュニケーションの構想を思いついた。

二人は、パロアルト市のカフェ「カフェ・ベローナ」で落ち合った。二人して、カウンターに並び、ダブル・カプチーノを注文した。クラークは、双方向テレビについて熱く語った。しかも、タイム・ワーナーや任天堂が興味を示しているという話もしてくれた。

シリコングラフィックス社のエンジニア数人と、1994年4月、二人はモザイクコミュニケーションズ社を設立する。二人は、開発チームを結成するのに、もっとも手っ取り早く、効果的な方法を採用した。イリノイ大学のNCSAで、モザイクチームに参加した学生たちを雇用したのだ。条件は、高給とストック・オプション、そしてクラーク所有のヨットでの一週間の休暇だった。6人の学生がモザイクコミュニケーションズの立ち上げに参加した。アンドリーセンは、希望通り、西海岸でモザイクの開発を続けることができるようになった。
 
その9に続く




ビール祭りにやってきた犯罪者を「顔認識」で一網打尽

November 13, 2017 08:00

by 牧野武文

中国山東省青島市で開催された国際ビール祭りで、青島市開発区警察は、会場に顔認識システムを設置。公安部保有のデータベースと照合することで、犯罪者を抽出し、逮捕するという作戦を実行した。49名の逃亡犯、麻薬犯罪者、スリなどを逮捕する成果をあげたと『新浪科技』が伝えた。 10万人以上がやってくるイベント …

PacSec 2017レポートソフトバンクPepperが危険な理由

November 10, 2017 08:30

by 『THE ZERO/ONE』編集部

米国のセキュリティ企業「IOActive」に所属するセキュリティエンジニア、ルーカス・アパ氏が「スカイネットが来る前にロボットをハックする」と題してロボット、特に家庭向けの製品に関するセキュリティ・リスクについて「PacSec2017」で講演を行った。 家庭用のロボットはリスクだらけ ルーカス氏はネ…