サイバー世界に蠢く中国APT集団の影 (6) 「正規の招待状」と「偽物の招待状」

江添 佳代子

November 28, 2016 10:00
by 江添 佳代子

今回は、「Palo Alto Networksが主催するイベント『Cyber Security Summit』を悪用したサイバー攻撃グループが、標的に送ったスピアフィッシング」について詳しく説明していこう。

10月28日のPalo Alto Networksのブログによれば、犯行グループが送信したフィッシングメールは、受信者に囮の添付ファイルを読ませることで「Emissary」の亜種をインストールする攻撃手法だった。

Emissaryはロータスブロッサム作戦の実行犯たちが自らの活動のために開発し、その後もカスタマイズを繰り返しながら利用しているバックドア型トロイの木馬だ、と考えられている。このことから同社は、今回のスピアフィッシングメールもロータスブロッサム作戦を実行したAPT集団と同じか、あるいは直接的に関わっている犯行グループによって送られたものだと主張している。

「正規の招待状」と「偽物の招待状」の比較

Palo Alto Networksの説明によれば、同社は世界中の都市でCyber Security Summitを開催しており、多くの場合は「イベントへの参加を希望していると思わしき個人に、メールで招待状を送っている」という。つまり、同社から個人宛てに招待状のメールが届くのは決して不自然な話ではなかった。ひょっとすると「正規の招待メール」と「それを偽装したフィッシングメール」の両方を受け取った人物もいたかもしれない。

標的が興味を示しそうな地元イベントの招待状を、開催間近のタイミングで送るというスピアフィッシングは、台湾のフランス外交官を襲った攻撃と同じだ。しかし今回の罠に利用されたイベントは、他でもないPalo Alto Networksが主催するカンファレンスだったため、同社のブログには「正規の招待メールと偽物(フィッシングメール)」の徹底比較が公開されることになった。

まず、本物と偽物を見分ける最も単純な方法として、「Palo Alto Networksは招待状を送る際に添付ファイルを使わない」という点が挙げられる。同社はメールに埋め込む形で画像を用いてはいるものの、添付した文書ファイルでイベントの案内を行うことはない。一方のスピアフィッシングメールには、囮のWordファイルが一つだけ添付されていた。

犯行グループは「正規の招待状」を手に入れていた?

このとき用いられた囮のファイル名、「[FREE INVITATIONS] CyberSecurity Summit.doc」は、Palo Alto Networksが実際に送信していた「正規の招待状メール」の表題の冒頭と全く同じだった。大文字と小文字の使い方や、 [ ] の使い方まで一字一句変わらない。つまり犯行グループは、正規の招待状を事前に入手していた可能性が高い。したがって攻撃者は、すでに「正規の招待状メールを受信した人物」のメールボックスにアクセスすることができるのか、そうでなければ彼ら自身が正規の招待状を受け取っていたのだろう、と同社は考えている。

Palo Alto Networksが送信した「正規の招待状メール」の表題

そのファイルは「CyberSecurity Summitの案内」を装ったもので、見た目の完成度も高い。まずヘッダ部分には、正規の招待メールに使われた画像がそのまま流用されており、「REGISTER NOW」などを示す画像も同じデザインだ。その2ページの文面には、挨拶文・イベント概要・キーノートのタイムテーブルがバランス良く並んでいる。もしも正規の招待状を先に受け取った人物が、この囮のファイルを続けて読んだとしても特に違和感は覚えないだろう。しかし、そのWordファイルを表示しているPCでは、悪質なコードをインストールするための攻撃が着々と進められてしまう。

攻撃者から送られた偽の案内メール

このスピアフィッシング攻撃を確認したPalo Alto Networksは、直ちに招待状メールの送信を中止した。同社は「今後、このカンファレンスの招待に関する新しいメールが届いても、すべて悪意あるメールと見なして無視してほしい」と同ブログの中で訴えている。

Emissary 6.4 の攻撃

この「囮のファイル」が悪用を試みるのは「CVE-2012-0158」である。これはロータスブロッサム作戦がEliseを送り込む際に利用した脆弱性と同じだ。しかし、この攻撃によってインストールされるのはEliseではなく、Emissaryの比較的新しいバージョン「Emissary 6.4」である。(Eliseについては「その3」、Emissaryについては「その4」「その5」を参照いただきたい)

このEmissary 6.4は「b4secure[.]com」[KH2]というアドレスを利用しており、狙ったシステムの外部IPアドレスをHTTP GETリクエストで取得しようと試みる。その後の攻撃手法、利用されるC&Cサーバーの話、およびペイロードの構成等の技術的な情報については10月28日のPalo Alto Networksのブログで詳しく解説されているので、興味のある方はそちらをご覧いただきたい。

(その7に続く)




1年に1度 ラスベガスで開催されるハッカー達のお祭りアジア勢が健闘したDEFCON 25 CTF&PHVレポート

September 19, 2017 08:00

by tessy

今年もDEF CONがアメリカ・ラスベガスで行われた。25回目の記念となるDEF CON25は昨年までのバリーズ、パリスと2つのホテルが会場となっていたが、今年はシーザース・パレスに変更され、7月27日から30日までの日程で開催された。 筆者も今回で9回目の参加であり、会場も4つ目となる。初めてDE…

46万5000台のペースメーカーに存在した脆弱性(後編)脆弱性情報は投資会社に伝えるほうが「うまくいく」のか?

September 15, 2017 08:00

by 江添 佳代子

前編記事→死に直結する医療機器のセキュリティホール Abbott Laboratories(旧St Jude Medical)のペースメーカーの脆弱性を最初に報告したのは、米国のスタートアップのセキュリティ企業MedSec Holdings(以下MedSec)だった。その発見は当時、珍しい展開のセキ…