SecurityAffairsの世界ハッカーインタビュー (13) まさしく私はハッキングと恋に落ちた「NeckrosTheTerrible」

『Security Affairs』

September 12, 2016 08:00
by 『Security Affairs』

「アンチISIS」の活動に関わっている有能なハッカーたちへのインタビューを、引き続きお届けしていこう。今回はNeckrosTheTerrible編だ。

NeckrosTheTerribleは「Ghost Squad Hackers(#GhostSquadHackers)」の一員で、現在は「#opTurkey」の活動に参加している。

それでは、インタビューをお楽しみあれ。

Q:あなたは人気と実力を兼ねそろえたハッカーで、過去にいくつかのハッキング活動に参加してきました。それらについて、より詳しく教えてください。

A:私は、これまで長きに渡って「Ghost Squad Hackers」と共にハッキングを行い、「OpSilence」や「OpIcarus」に参加してきた。過去に数多くの政府のウェブサイトや、ISISのウェブサイトをハッキングした。

Q:あなたの技術面でのバックグラウンドと、ハッキングを開始した時期について教えてください。また、あなたのハッキングの動機は?

A:2010年にハッキングを始めたとき、まさしく私はハッキングと恋に落ちた。そして私はウェブサイトやサーバーをハッキングする楽しみを知った。そののちPython、PHP、C++ などのプログラミング言語の習得を開始し、またウェブアプリケーションのエクスプロイトやゼロデイ攻撃を仕掛けるためのコードを書き始めた。

Q:あなたが行ったハッキングの中で最も新しいものは何ですか? それはどんなものでしたか? 差し支えなければ説明してください。

A:私が直近に行ったハッキングは、米軍関係者およそ5000人分に関する個人情報のリークだ。そこには米国の当局者たちのクレジットカードに関する詳細な情報も含まれている。

Q:ハッカーにとって不可欠な武器となるツールを4つ挙げてください。それらはなぜ、欠かすことができないのでしょうか?

A:ツールで完璧なハッカーになれると私は思わない。「自分の必要に応じたツールのコードを書く」のがハッカーだ。しかし、NmapやWireshark、Burp Suiteのようなツールはセキュリティチェックの際に重宝する。

Q:ウェブ上で、いま最も興味深いハッキングのコミュニティはどこだと思いますか。

A:数多くのハッキングコミュニティが存在している。しかし最高なのは、やはりHack Forumsだ。

Q:ISISがオンラインで行っているプロパガンダへのハッキングに参加した経験は? それはいつごろで、どのように参加しましたか?

A:私はGhost Squad Hackersのメンバーたちと共に、ISISのウェブサイトを標的として活動してきた。我々はISIS を支援する数多くのウェブサイトを首尾よくテイクダウンし、また「United Cyber Caliphate」のようなISISのハッキンググループのメンバーたちを特定し、その情報を晒してきた

Q:「ハッキングの標的にするISISの人々」をどこで探しているのでしょうか? また標的の選び方は?

A:我々は、ハラスメントを受けた人々のリクエストに基づいて標的を選んできた。さらに、ハッキングしたISのウェブサイトのデータベースからも情報を手に入れている。

Q:私たちは、重要インフラに対するサイバー兵器やサイバー攻撃の話をよく耳にします。あなたは「重要インフラへの甚大な、あるいは致命的なサイバー攻撃の危険性」が現実にあると考えていますか?

A:インフラへの攻撃は、サイバー攻撃の大いなる脅威の一つである。また、それはイランのウラン濃縮施設を標的とした「Stuxnet」のようなウイルスが導入されたことによって、すでに証明されている。

インタビューのご協力、ありがとうございました!
 
NeckrosTheTerrible氏プロフィール
ハッキング集団「Ghost Squad Hackers」の公式メンバー。インタビューにもあるように、ISISや政府団体などを標的とする作戦に参加してきたハクティビスト。なお、文中にある「米軍関係者およそ5000人分に関する軍事的な情報流出」とは、Ghost Squad Hackersが#OpSilenceの一環として2016年7月後半に行った「個人情報晒し」の活動である。ちなみに7月前半、Ghost Squad Hackersは同じ作戦名の下でCNN やFOX Newsなどの大手メディアも攻撃している。
 
翻訳:編集部
原文:Hacker Interviews – NeckrosTheTerrible
※本記事は『SecurityAffairs』の許諾のもと日本向けに翻訳・編集したものです。

BugBounty.jp

システムに内在するリスクをチェックセキュリティ診断(脆弱性診断)

提供会社:スプラウト

企業や組織のWebアプリケーション、各種サーバー、スマートフォンアプリケーション、IoTデバイスなどの特定の対象について、内外の攻撃の糸口となる脆弱性の有無を技術的に診断します。外部に公開す るシステムを安心かつ安全に維持するためには、定期的なセキュリティ診断が欠かせません。

BugBounty.jp

サイバー空間の最新動向を分析脅威リサーチ

提供会社:スプラウト

サイバー攻撃に関連した機密情報や個人情報が漏洩していないかをダークウェブも含めて調査し、もし重要な情報が発見された場合は、その対応策についてもサポートします。また、サイバー攻撃者のコミ ュニティ動向を分析し、特定の業種や企業を狙った攻撃ツールやターゲットリストが出回っていないかなどの特殊な脅威調査も請け負っています。

中国でライドシェア殺人事件が発生

May 22, 2018 08:00

by 牧野武文

5月6日早朝、中国版ウーバーの「滴滴出行」(ディディチューシン)のライドシェアを利用した女性が、運転手に殺害されるという痛ましい事件が起きた。ほぼすべてのメディアが連日報道する大事件となった。各交通警察は、中国人民公安大学が制作した「ライドシェアを利用する女性のための安全防犯ガイドブック」を配布して…

アリペイの盲点を突いた男に懲役5年

May 15, 2018 08:00

by 牧野武文

アリババが運営するQRコードスマホ決済「アリペイ(支付宝)」のシステムは、かなり堅牢だ。 アリババは、どのようなセキュリティ対策をしているかは一切公表していない。ただ、ネットではよく「10段構えの防御システムになっている」と言われる。最も外の防御システムが突破されるとアラートが発せられて、緊急チーム…