SecurityAffairsの世界ハッカーインタビュー (9) サイバー上でISISと徹底的に戦う「Zilla」(Ghost Squad Hackers)

『Security Affairs』

August 19, 2016 11:00
by 『Security Affairs』

Ghost Squad HackersのメンバーであるZillaとのインタビューをお楽しみいただきたい。このインタビューは、「ハッカーがどのように働くのか」「なぜ彼らの一部は、オンラインでISISを狩ろうとしているのか」を、サイバーセキュリティの専門家が理解するうえで重要なものだと私は考えている。

Zillaが所属する「#GhostSquadHackers」は、ISがオンラインで行っているプロパガンダに対して、最も積極的に活動しているグループのひとつである。

Q:人気と実力のあるハッカーのあなたは、過去にいくつかのハッキング活動に参加してきました。それについて、もっと詳しく教えてください?

A:そうだな、たとえば「OpIcarus」、そしてISISを標的とした「OpReverseCaliphate」など、いくつかの作戦に参加してきた。より最近のものだとOpTurkeyがある。

Q:あなたの技術面でのバックグラウンドと、ハッキングを開始した時期について教えてください。また、あなたのハッキングに対する動機は?

A:私がハッキングに興味を持ち始めたのは2012年頃だ。私はいつも「ハッカーたちの驚くべき働きは、どのようにして行われているのだろう?」ということを疑問に思っていた。(現在の)私は、常に自分の働きを優れたものにしたいという思いに動機づけられている。そして私が参加している作戦の一部は、私にとって明確な意味を持つものだ。

Q:あなたにとって、ハッキングでの最大の課題は? また、あなたが行ったハッキングの中で、最も新しいものはどんなものだったのかを説明してください。

A:私の最大の課題は、おそらく「作戦が実行されている間、集中力を保ち続けること」と、「自分の目標を達成するまで決してあきらめないこと」だ。私の直近のハッキングは、ISISのウェブサイトのデータベースをハッキングし、ISISの支持者たちの氏名とメールアドレスのリストを探すことに関与するものだった。

Q:ハッカーにとって不可欠な武器となるツールを4つ挙げてください。それらはなぜ、欠かすことができないのでしょうか?

A:すべては「ツールの使い方」と「それを操るハッカー」次第だと思うが、ある種のDDosのツールは役に立つだろう。またKali Linuxも偉大なツールだと思う。そして、できることなら自分でコード化したツールをいくつか持つべきだ。

Q:ウェブ上で、いま最も興味深いハッキングのコミュニティはありますか。その理由もあわせて教えてください。

A:興味深いハッキングのコミュニティはウェブ上に数多く存在しているが、お馴染みの「Hack Forums」は良質だと思う。それは大規模なコミュニティを持っており、多くの便利な情報を備えているからだ。

Q:ISがオンラインで行っているプロパガンダへのハッキングに参加した経験は? それはいつごろで、どのように参加しました?

A:私のキャリアの多くはISISを標的としたものだ。これまでに大量のウェブサイトをテイクダウンし、ISISのメンバーや支持者たちのリストを構築してきた。

Q:あなたは「ハッキングの標的にするISの人々」をどこで探しているのでしょうか? その標的の選び方は?

A:オンラインでISISの人々を探すのは、それほど難しくない。ソーシャルメディアで一人を見つけることができれば、そのフォロワー、フォローしている人物、「Like(お気に入り/いいね!)」をたどることで、さらに多くのものを見出せる。どのような形であれISISを支持している人物に、私は狙いを定めている。

Q:我々は、重要インフラに対するサイバー兵器やサイバー攻撃の話をよく耳にします。あなたは「重要インフラへの甚大な、あるいは致命的なサイバー攻撃の危険性」が現実にあると考えていますか?

A:ああ。あらゆるシステムには何らかの脆弱性があり、何らかの「致命的なサイバー攻撃」の対象になると私は確信している。

インタビューありがとうございました。
 
Zilla氏プロフィール
ハッキング集団「Ghost Squad Hackers」に所属。プログラマー、Webサイト管理者でありハッカーでもある。インタビューにもあるように、ISISをターゲットに活動。昨年末に発生したパリ同時多発テロに対してISISのTwitterアカウントを徹底的に潰した「#OpParis」や、今年の5月アメリカ連邦準備銀行やイングランド銀行、ギリシャの中央銀行など各国の大手銀行を攻撃を行った「#OpIcarus(イカロス作戦)」などAnonymousと連携し、Ghost Squad Hackersとして参加。今回のインタビュー後に、氏のTwitterアカウントが削除されている(文中のリンクはそのままにしている)。
 
翻訳:編集部
原文:Hacker Interviews – Zilla from GhostSquadHackers
※本記事は『SecurityAffairs』の許諾のもと日本向けに翻訳・編集したものです。




IoTヌイグルミは口が軽い!? ユーザー情報82万件がダダ漏れに(前編)

March 24, 2017 08:00

by 江添 佳代子

IoTのヌイグルミ「CloudPets」のメーカーSpiral Toys社が、大量のユーザー情報を漏洩していたことが明らかとなった。 200万件以上の音声データがダダ漏れ 危険に晒されたのは82万人以上のCloudPetsユーザーのアカウント情報、および彼らがヌイグルミを利用する際に録音した「200…

POSマルウェアの恐怖 (3) カード情報を全プロセスで暗号化する「PCI P2PE」はPOSマルウェア攻撃を防げるか

March 22, 2017 08:00

by 牧野武文

第1回、第2回で紹介したように、POSレジに感染するマルウェアによるクレジットカード情報流出事件が米国を中心に相次いでいる。 POSマルウェアは、POSレジやPOSサーバー内の平文カード情報を含む個人情報を標的にする。カード情報セキュリティのグローバル基準PCI DSSでも、カード情報をメモリで処理…

中国公安部がハッカー集団を摘発し50億件の個人情報を押収

March 21, 2017 08:00

by 牧野武文

中国、『中安在線』『安徽商報』の報道によると、今年1月17日午前9時30分に、北京市、蚌埠(ほうふ)市、浙江省を始めとする14の省と直轄市で、大規模黒客(ハッカー)集団の一斉摘発が行なわれた。逮捕者は96名にのぼり、家宅捜索の結果、50億件を超える個人情報が押収された。逮捕者の中には、2007年に中…