SecurityAffairsの世界ハッカーインタビュー (7) スマートシティの脆弱さを危惧する「Cesar Cerrudo」

『Security Affairs』

August 9, 2016 08:00
by 『Security Affairs』

今日は Cesar Cerrudo氏へのインタビューをお送りする。彼は IOActive LabsのCTOであり、ICS/SCADAやスマートシティ、IoT、ソフトウェアセキュリティの研究で有名な人物だ。

Cesar Cerrudo氏はIOActive LabsのCTOで、ICS/SCADAやスマートシティ、IoT、ソフトウェアセキュリティに関するまさに最先端の研究を実施するチームを率いてる。

Cesar氏はハッキングを人生の哲学として選んでいる。彼は我々の社会がいかに脆弱かを証明し続ける研究を行う、世界で最も有能な専門家の一人である。それでは、インタビューをお楽しみください。

Q:まずはお礼を述べます。あなたは最も有能なハッカーの一人でありながら、そのような専門家の中でも一歩進んでいると私は考えています。それは、あなたの研究は身の回りで使われているスマート機器のハッキングに関するリスクについて、その見解を一般の人に提示しているからです。信号のコントロールシステムに関する研究は議論沸騰でしたね。

技術的な経歴とハッキングを開始した時期について教えてください。

A:私にはソフトウェアエンジニアリングの経験はあるが、大学は卒業していない。大学の全プログラムをこなしたが、受けなかった最終試験もあるので資格を得られなかった。私はもっと有益なことを勉強するのに忙しくかったのだ(笑)。私はいつだってテクノロジーを徹底的に調べるのが好きだった。インターネットにアクセスし始めたころ、ついにハッキングに足を踏み入れて多くのことを学び、様々なことに挑戦し始めた。これは約18年前のことだ。容易なことではなかったが、私は一生懸命頑張り、興味深いことをやり、カンファレンスで発表し、世界中を旅するということを始めることができた。

Q:最大のチャレンジについて教えてください。

A:Microsoft Windowsの内部(カーネルやIPC等)へのハッキングが困難だと思う。なぜなら、多くのことを学ぶ必要があるにも関わらず、十分な参考文献がないので、興味深い脆弱性やエクスプロイト技術、エクスプロイトそのものを思い付くにはリバースエンジニアリングをしたり、Microsoft Windowsの様々なバージョンを多数テストしたり、多くの防御を回避しなければならないからだ。

Q:ハッカーの必需品として欠かせないツールとその理由を教えてください。

A:主要なツールはバイナリエディター、優秀なデバッガー、それにCコンパイラかスクリプト言語のインタープリター、良い逆アセンブラなど、いくつかのツールがあれば何でもでき、必要であれば他のツールを作ることもできる。

Q:今日ウェブ上で最も面白いハッキングコミュニティーを教えてください。

A:最近はハッキングコミュニティーに属していないのでこれに関しては分からない。すごい物を共有したり面白いトピックについて議論しているようなコミュニティが良いのでないだろうか。

Q:サイバー攻撃に最も晒されている業界(ヘルスケア、自動車、通信、金融など)とその理由を教えてください。インターネット上で危惧していることは何ですか。

A:ヘルスケアは他の業界よりも危険に晒されている。なぜなら、ヘルスケア業界は一般的に優れたサイバーセキュリティを備えていないことが明らかになっており、かつ人の命やセンシティブな情報を取り扱っているからだ。

インターネット上の何かに不安を覚えているということはない。私が本当に心配しているのは、どれほど多くの重要かつ重大なシステム(インフラやヘルスケアなど)が、攻撃可能な状態でハックに晒されているかだ。実際に起こらないことを願うばかりだが、そのうち誰かの命を奪うようなサイバー攻撃に見舞われると私は考えている。サイバーセキュリティが改善されなければ、後は単に時間の問題だ。

Q:テクノロジーが支配し、我々の生活を楽にするような場所であるスマートシティについて耳にすることがあります。しかし残念ながら大多数の場合、スマートシティプロジェクトには「設計段階からのセキュリティ(セキュリティ・バイ・デザイン)」が欠けています。近代的な都市のスマートコンポーネントに対する深刻なサイバー攻撃の具体的なリスクを信じていますか。

A:先程話した通り、都市のシステムを含め攻撃が容易なシステムは多数あり、単に誰がこれらのシステムをハックし、攻撃を開始しようと決心するかというだけの問題となっている。こういったシステムが攻撃されるという可能性は存在し、それは現実だからだ。我々は幸いにもまだこのような攻撃を目にしていないが、明日何かが起こっても私は驚きはしないだろう。世界中の都市の大部分は、様々な場所に新しい技術を導入してスマート化されてきている。一番の問題は、このような技術のほとんどが安全なものではなく、関連するリスクやリスクを軽減するためにすべき措置について都市の管理者が理解していないということだ。
 
翻訳:編集部
原文:Hacker Interviews – Cesar Cerrudo
※本記事は『SecurityAffairs』の許諾のもと日本向けに翻訳・編集したものです。

BugBounty.jp

必要な情報を収集・分析脅威リサーチ

サイバー攻撃に関連した機密情報や個人情報が漏洩していないかをダークウェブも含めて調査し、もし重要な情報が発見された場合は、その対応策についてもサポートします。また、サイバー攻撃者のコミ ュニティ動向を分析し、特定の業種や企業を狙った攻撃ツールやターゲットリストが出回っていないかなどの特殊な脅威調査も請け負っています。

公衆無線LANを悪用した暗号通貨マイニング術

January 19, 2018 08:00

by Zeljka Zorz

何も疑っていないユーザーのマシンを使って密かに暗号通貨のマイニングをさせることは、暗号通貨オーナーにとっての夢のような話だ。そして彼らの一部は、倫理的配慮を考えずにその夢の実現に取り組んでいる。 一般的に用いられる2つのアプローチは、コンピューターやウェブサイトを危殆化し、マイニングのソフトウェアを…

ベトナム政府が背後にいる!? ハッカー集団「APT32」の暗躍

January 15, 2018 08:10

by 牧野武文

アジア圏で暗躍するハッカー集団がいる。「APT32」あるいは「オーシャンロータス」(Ocean Lotus Group)と呼ばれる組織だ。どちらの名前も、観測をした研究者が命名したものであり、正式名称は不明だ。米セキュリティ企業ボレシティ(Volexity)は、ブログでこのオーシャンロータスが、ベト…

国内の言論統制が目的か? ベトナム人民軍のサイバー部隊「Force 47」(後編)

January 12, 2018 08:00

by 江添 佳代子

近年のベトナムとFacebook 前編でお伝えしたとおり、オンラインでの自由な発言を国民に許可していないベトナムは、中国やトルコなどの国とたびたび比較されてきた。しかし、これらの国々の中では比較的「ブロックが手ぬるいほう」だったと言えるかもしれない。 たとえばベトナムは2009年頃からFaceboo…